TOPページ > 社会活動の概要 > 医療者対象の研究会

エンドオブライフケア研究会(旧ターミナルケア研究会)

研究会の概要

エンドオブライフケア研究会は、昭和62年4月に千葉大学医学部附属病院、千葉県がんセンター、千葉市立病院の有志が集まりターミナルケア研究会として発足しました。 人生の終末段階にある患者とその家族を支える医療について、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士等の多職種で検討する研究会の活動は、次第に千葉県内の医療機関関係者へと広がり、平成12年度からは千葉ターミナルケア研究会、平成28年度からはエンドオブライフケア研究会と名称を改め活動しています。

研究会の目的

本研究会は、発足当初より、ターミナルケア(終末期医療)の質の向上に向けて

  • 素材の提供
  • 参画
  • 問題解決へのボランティア意識
  • Quality of Lifeの探究
  • Specialtyの追求
  • 提言

を目指しています。

現在の活動

毎年5月には特別講演を、7月、10月、12月、2月には各世話人施設にて定例研究会を開催しております。定例研究会では、エンドオブライフケアの事例をもとにグループディスカッションを行い、参加者同士でよりよいエンドオブライフケアについて思考を深めております。また、定例研究会にて話し合われた事例は、2年に1回エンドオブライフケア事例集(旧ターミナルケア事例集)として発刊されております。

<参加対象>
特別講演 どなたでも参加できます。
定例研究会 医療者の方のみご参加できます。
<平成29年度のスケジュール>
平成29年 5月24日(水) 18:00~19:30 特別講演
7月26日(水) 18:00~19:30 千葉県がんセンター
10月25日(水) 18:00~19:30 千葉市立海浜病院
12月 6日 (水) 18:00~19:30 千葉大学医学部附属病院
平成30年  2月28日(水) 18:00~19:30 千葉メディカルセンター
<平成30年度のスケジュール>
平成30年 5月23日(水) 18:00~19:30 特別講演
7月26日(木) 18:00~19:30 千葉市立青葉病院
10月17日(水) 18:00~19:30 千葉県がんセンター
12月 5日 (水) 18:00~19:30 千葉市立海浜病院
平成31年 2月20日(水) 18:00~19:30 千葉大学医学部附属病院

エンドオブライフケア研究会 組織

世話人代表 千葉大学大学院看護学研究科 増島 麻里子
世話人 千葉大学医学部附属病院 看護部長

医師   
吉川 淳子

田口 奈津子
千葉県がんセンター 看護局長 

医師   
尾出 真理子

藤里 正視
千葉市立青葉病院 看護部長

医師
樋口 久美子

西脇 哲二
千葉メディカルセンター 看護部長

医師
石井 邦子

岩崎 好太郎
千葉市立海浜病院 看護部長

医師
久保 ひろみ

塩原 正之
世話人顧問 東京通信大学設立 準備室 佐藤 禮子
推進企画委員 千葉メディカルセンター 石原 享子(委員長)
千葉大学医学部附属病院 藤澤 陽子
千葉県がんセンター 金塚 浩子
千葉市立青葉病院 和田 利香
千葉市立海浜病院 高島 美智子

エンドオブライフケア研究会(旧千葉ターミナルケア研究会)のあゆみ

1.発足時の世話人(平成2年12月発刊 ターミナルケア事例集Ⅰより。当時記載のまま)

ターミナルケア研究会 世話人
千葉大学看護学部 佐藤 禮子
千葉大学医学部附属病院 水口 公信
千葉大学医学部附属病院 鶴岡 藤子
千葉県がんセンター 長山 忠雄
千葉県がんセンター 吉岡 幸子
千葉市立病院 古関 禮子

2.これまでの活動

昭和62年6月~平成30年2月までに、定例研究会167回、特別講演30回、15周年および30周年記念会を開催してきました。

エンドオブライフケア研究会30年のあゆみ

お問い合わせ先

エンドオブライフケア研究会 事務局(渡邉美和)
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院看護学研究科 成人看護学領域
TEL:043-226-2422 
FAX:043-226-2423